人が多い場所では汗の臭いが常に気になります

毎年の夏、いや通年感じていることがあります。
それは“皆は何故そんなに汗をかかないのか”と。
夏になればTシャツの胸と背中はびしょ濡れになり、冬は施設の中やバスに乗れば暖房だけで汗をかく。運動などしたものなら、頭から汗は流れ落ちシャツとパンツは絞れる程。
そのため人が多い場所では汗の臭いが常に気になってしまいます。
最悪なのはシャツの汗が乾いた後に、塩を吹いて白い線ができてしまうことでしょう。
しかし汗をかかない様にすることも、かかなくなることも体には悪いですから、何とも悩ましいことです。

これまで試した対策は以下の通り。
・シャツの下にタオルを一枚挟む
・代えののTシャツを準備しておく
・制汗剤を塗る
・ウエットシートを持ち歩く

制汗剤は効き目なしで問題外、着替えのシャツは基本一度きりの対処なのでイマイチ。しかも荷物が増えるというオマケ付き。ウエットシートは汗の臭いを軽減するには効果は得られるけど、汗自体の量は変わらないので微妙。一応デトランスα 口コミも調べてみました。

結果、どうしようもない事が分かっただけでしたね。

だからと言って何もしないのも駄目だと思ったので、汗だけに注目するのではなく基本的な体臭を抑えるようにすることを考えました。
体を洗う際に、消臭と雑菌を取り除く効果があるといわれる“柿渋石鹸”を使うようにしたのです。汗の臭い以外にも加齢臭が気になる年齢になったので、ちょうど良いかなという思いもありました。
ただ自分の体臭は自分では気付きにくいので、本当に効果が出ているのかは分かりません。
ただクレームが無いことを思えば、それなりには効果が出ているのかなと思うようにしています。

結局のところ、汗自体は汗腺が衰えないかぎりは現状を受け入れ対処療法(?)で対策するしか無いのかもしれません。
科学や医学が進歩して、画期的な対処方法が出ることを期待しながら生きていこうと思います。